こんばんは、ハピタス大好き、ハピタス滝川@マネテク!です。

ハピタスでは大量のポイントを獲得することができますが、いくつか注意すべき点があります。
今回は、そんな注意点を解説するとともに、最も効率よくANAマイルに交換するルートを検証してみたいと思います。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスでは、毎月大量のポイントが獲得可能

まず、ハピタスは大量ポイントを獲得可能な案件が多数あることに加え、友達紹介によってさらに大量のマイルを獲得することができます。

(過去記事)
・ANAマイルの貯め方2015:マネテク!

ただし、移行可能なポイント数には上限が!

うまくやれば、ハピタスで毎月数万ポイントを獲得することも難しくはないのですが、一方で、ハピタスでの移行可能ポイント数には上限があります。

その上限は、毎月30,000ポイント(最大27,000ANAマイル相当)です。
1プログラムにつき30,000ポイントではなく、トータルで1か月30,000ポイントですので、例えばPexに30,000ポイント、Netmileに30,000ポイント、というような交換の仕方はできません。

おなじみゴールデンルートはさらに制限あり

といわけで、ハピタスで大量のポイントが貯まってくると、毎月30,000ポイントずつを移行していくことになるのですが、過去にも何度も紹介している最得ルート、「ハピタス→Pex→東京メトロポイント→ANAマイル」というゴールデンルートで移行しようと思った場合、さらに厳しい制限がかかります。

(参考リンク)
・ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)を活用した最強交換ルート構築術

というのは、東京メトロポイントからANAマイルへの移行は、1か月に20,000ポイント(18,000ANAマイル相当)が上限となっているからです。
したがって、持続可能性を勘案した場合、ハピタスで移行可能な30,000ポイント/月のうち、ゴールデンルートに流せるのは20,000ポイントとなります。

残りの10,000ポイントの最得ルートは?

となると、残りの10,000ポイントを最もお得に交換できるのはどのルート?というのが気になるわけですが、答えから言ってしまうと、以下の通りです。
っていうか、ポイ探で調べただけですが…(笑)。

(参考リンク)
・[ポイ探] ポイント探検倶楽部:ポイント交換ルート検索、ポイント自動管理

ハピタス→ANA@ANAマイルの貯め方

ハピタス→Pex→セシール→Gポイント→ANA VISAカード→ANAマイル。
これがゴールデンルート以外のルートの中での最得ルートで、10,000ポイントが5,640ANAマイルになります。
なお、正確には、Pex→セシールで500ポイントが手数料として引かれますので、移行レートは若干下がります。
移行上限は月間1,000,000ポイントなので、まとめて移行した方がよいかもです。

2ルート合計で、年間283,680ANAマイルくらい貯まります

すなわち、当初のハピタス30,000ポイントが、18,000ANAマイル+5,640ANAマイルで23,640ANAマイルになる、という計算です。
ちなみにこれを毎月続けると、1年間でハピタスから交換できるANAマイルは、23,640×12月=283,680ANAマイルとなります。

ただ、管理人の場合は、とりあえず毎月30,000ポイントをPexに移行し、うち20,000ポイントを東京メトロポイントへ移行、残り10,000ポイントは様子見、という感じです。
いずれハピタスポイントの獲得が細ってくる可能性もあるかと思っているので…。

なお、ハピタスで貯まったポイントには有効期限はありません。
また、Pexも12か月に1回以上ログインすればポイントは失効しないので、実質的に有効期限はないと考えて問題ありません。

まとめ:とりあえず覚えておくべし

大量のポイントを獲得すると、これを全部ANAマイルに交換するのにあと何ヶ月もかかるのか…、と思ったりもするかと思います。
とりあえず、ハピタスのポイントを継続的に貯められるようになってきたらこのようなルートが持続的にANAマイルへ交換する前提で獲得マイルを最大化できる、ということを覚えておくとよいかと思います。

ハピタスへの登録は、こちらからどうぞ

まだハピタスに登録していない場合は、ぜひ下記リンク先から登録して下さい。
ささやかながら、登録時にボーナスポイントがもらえます。

・ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)が必須

また、高レートでANAマイルに移行するにはANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)が必須となります。
下記過去記事を参考にしてみてください。

(過去記事)
・ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)を活用した最強交換ルート構築術
・ハピタスオススメ案件リスト